彼氏の浮気が原因で別れて半年ほど経ちようやく気持ちの整理はついてきたんですが、まだ新しい出会いを求めたいという思いにまでは至っていませんでした。
友だちは知り合いの男性を紹介しようとしてくれたり合コンに誘ってくれたりしたんですが、そんな気分にならず断り続けていました。
でもその一方、身体のほうはずっとモヤモヤしたままです。
というのも別れた彼氏とは半同棲の状態でほぼ毎日のようにセックスをしていて、私の身体はその快感をしっかり覚えていたからです。
「しばらく彼氏はいらないけれどもセックスはしたい」それが私の本音でした。
そんな気分の解決策として利用したのが、テレセでした。
最近はネット上にテレセサイトというのがありそれを使えば簡単にテレセの相手が見つかるというので、ある日利用してみたんです。
そのとき電話に出たのは自称私と同い年というサラリーマンでしたが、私がテレセははじめてだというと上手にリードしてエクスタシーへと導いてくれました。
その後もその男性とテレセを何度か続けているうちに、実際に会ってみたいと思うようになりました。
なぜなら電話での彼の対応はいつも私を優先してくれるやさしさに溢れていたので、きっと本当の性格もいい人だろうと思ったからです。
だから思い切って「実際に会ってみない?」と誘ったんです。
彼は驚いていたようでしたが、すぐにOKしてくれて実際に会いました。
その男性が今付き合っている彼氏なんです。
そう、私たちの出会いはテレセがきっかけだったんです。

テレセをするなら雰囲気作りは忘れないようにしましょう
電話で疑似セックスをすることをテレセと呼びます。
これはテレフォンセックスの略称です。
このテレセですが相手の顔を見られない状態で行うので、本物のセックスに比べて興奮できないのではと思っている方も多いようです。
そんなことはありません。
テレセは十分に本物のセックスに負けないくらい興奮できる遊びなのです。
ただし、遊び方を間違ってしまってはせっかくのテレセ遊びも台無しになってしまうこともあるので注意が必要になります。
例えば雰囲気作りです。
本物のセックスの際にも同様のことが言えますが、男女でエッチなことをする際には雰囲気作りは絶対に欠かせないのです。
当然テレセにおいてもそうなのです。
なので相手の女の子とこれからテレセを行おうとする際には話し方にも工夫をしないといけなくなります。
工夫と言っても声をセクシーに変えて話すということではなく、少しテンションを低めにしながら話すような感じです。
これからテレセをするというのにめちゃくちゃ明るい声で話されてしまっては相手の女の子だって、気分も乗らずに理想的なテレセができなくなってしまうのです。
なので、少し抑え目にした感じで声を出すと、これからエッチなことをするんだという雰囲気作りができるのです。
女の子は意外と男性の声に色気を感じることもあり、すごくエッチな女の子になると男性の声が子宮に響くと言っている子もいるくらいです。
それぐらい男性の声は重要になってくるので、雰囲気作りは欠かさないよう努力してほしいです。